We Love Stove

薪ストーブと10年(竹内 文雄 さん)

takeuchifumio

薪ストーブを設置して早10年、ストーブハウスより10年点検無料チケットなるものが送られてきたので、別にこれと言って悪いところはありませんが、これからも長く付き合いたく、車の点検ならぬ、ストーブ点検をしていただきました。

薪ストーブ10年となり、同じく家も築10年となります。家の建築では、エコな家造りを徹底し、設計をしていただきました。ガス、石油はもちろんエアコンも無い家造り。その為、家の中心には薪ストーブが欠かせないアイテムとなりました。私が設置した薪ストーブはヨツールのF500。このストーブの良い所は、見た目も使い方もシンプルな所、そして60cmの薪が入る為、朝まで火が残り、焚き付けが簡単なところです。

薪ストーブのシーズンになると24時間…いや、12月から3月いっぱいは火を落とすことなくストーブをフル回転させています。その為、薪を多く必要としますが、幸いにも家の周りは、林檎や桃、葡萄農家に囲まれており、我が家にはたくさんの薪が積まれていて目立っているのか、有り難いことに家まで運んでくれるご近所の農家さんもおります。

また、友人と一緒に椎茸作りをしているのですが、椎茸の原木は直径が25cm程なので、椎茸の原木にならない太い部分や細い部分は私のところにやってきます。とはいっても椎茸の原木はナラやクヌギなので、上質な薪なのは言うまでもありません。眠っていても多くの木が集まってくるので、薪のストックが5年分以上となりましたので、最近では薪ストーブを使っている友人にも差し上げています。

一番のエコは、冬、毎朝、薪割りが出来ることです。これからも健康の為に、この生活を続けていけたら良いなと思います。薪ストーブに感謝。

 

スタッフからのコメント
太陽のようなお人柄の竹内さんに薪も人も集まってくるのでしょう。お話を聞いていると私の方も自然と笑みがこぼれてきます。薪は集まりすぎてご友人にあげるほどだとか…。うらやましー!!(中野)