Stoveman Blog

中国旅行

皆さまこんにちは。ストーブマンMです。

この度、連休をいただきまして旅行に行ってきました。

中国といってもあの爆買いの中国ではなく中国地方の山口県になります。

こちらは信州と違いとても暖かい地域とあって、どこを見渡しても煙突が立っておらず、新鮮な感じでしたが少し寂しい感じも。。

山口県には嫁さんのおばあちゃんの家があります。そしてなんと、、

image1

薪を焚いているではないかー!!さすがおばあちゃん。薪でお風呂をつくってくれました。

薪ストーブの遠赤外線の輻射熱は、それはそれは柔らかい暖かさなのは皆さまもご存知のことと思いますが、

こちら薪風呂の暖かさたるや!何とも言えないやさしく柔らかいちょうど良い温度。長時間の運転でへとへとな僕の体を芯から温めてくれました。

暖かさとは炎の熱もさることながら、ひとえに焚き手のあたたかい気持ちや労いの想いがやさしく包み込み、心の中まで温かくなるものなんだと風呂に入りながらもぼんやりと感じました。

おばあちゃん、ありがとうございました。

そんなおばあちゃんに何か恩返しをせねばと思い立ち、松の剪定をやることに

image5

ボッサボサです。こちらをチョキチョキ

image7

太いやつも、え=====い!切っちゃえ!

image8

やっべっ、切っちゃった。大丈夫かな。枯れないかな?でももう切っちゃったし。。

image6

image99

どうだ!完璧!次に訪れた時に枯れていないことを祈る!

現地でお世話になった親戚一同の皆さまにもこの場をお借りして御礼申し上げます(なぜかお店のブログで勝手に御礼してますが・・・)

先祖代々おばあちゃん世代から我々の親世代へ、そして我々世代も受け継ぎ子の世代へ、

薪で火をおこし、日々の生活をするというごくシンプルな生き方ではありますが、そこには色々な人間模様があると思います。そんな、火をキーワードにしたライフスタイルを提供できるような、そして世代をこえてつなぐバトンのような存在、お店でありたいと感じる旅行でした。

 

                                                  2016・3・10 ストーブマンM